P.A.WORKSオリジナルアニメ『菜なれ花なれ』2024年内放送、群馬県が舞台 キャラクター情報一挙公開

アイキャッチ画像

2024年内の放送が予定されている新作オリジナルTVアニメーション『菜なれ花なれ(な なれ はな なれ)』について、この度作品の最新情報が一挙に公開となった。

『菜なれ花なれ(略称:なれなれ)』はDMM.comのアニメーションレーベル「DMM pictures」とアニメーション制作会社「P.A.WORKS」との共同プロジェクトによるオリジナルアニメ作品として2023年に制作が発表。趣味も特技も性格もバラバラな6人の女子高生たちの、様々な”応援”模様を「高崎市・前橋市・沼田市」を舞台に描く。(詳細な舞台は今後発表予定)

今回この度『菜なれ花なれ』メインキャラクター6名のキャラクター情報と声優キャスト情報、そしてキービジュアル第一弾とキャラクターPVも解禁に。キービジュアルにはメインキャラクターとなる美空かなた、小父内涼葉、杏那・アヴェイロ、大谷穏花、谷崎詩音、海音寺恵深の6人が制服姿で登場しており、実在する群馬県高崎市内の商店街をモチーフとした背景も描かれている。

同時公開となったPVでは、メインキャラクター6人それぞれの個性が溢れたものとなっており、これらのキャラクターが本編でどのような活躍を見せるのか楽しみな映像に仕上がっている。

キャラクター情報&キャスト情報一挙解禁

メインとなるキャラクター6名が解禁。チアリーディング全国大会連覇を目指す名門、鷹ノ咲(たかのさき)高校で1年生ながらにAチームを勝ちとった全中大会優勝経験者、美空かなた役に中川梨花、パルクール女子高生、小父内涼葉役に中島由貴、御前嘴(おまえばし)高校1年、ブラジルからの帰国子女・杏那・アヴェイロ役に武田羅梨沙多胡、杏那のクラスメイトでヨガ哲学女子・大谷穏花役に石見舞菜香、”沼田の妖精”の異名を持つ新体操お嬢様・谷崎詩音役に佳原萌枝、そして、かなたの元チームメイトで沼田のお寺、舒倫寺の娘・海音寺恵深役を伊藤美来が演じる。

美空かなた(みそら かなた)CV. 中川梨花
鷹ノ咲(たかのさき)高校1年。明るく元気でチアが大好き。運は悪いが運動神経抜群で中学時代にはチアで全国優勝を果たす。親友の恵深と高校でも一緒にチアで全国優勝することを目指している。

<「ここを見てほしい!」ポイント>
10代の女の子たちの「ザ・青春☆」なやりとりに是非ご注目いただきたいです!PoMPoMsの何気ない日常会話もそうですし、誰かさんの可愛らしい心の声とかも…♡(笑)大人になったら気にしないようなこともあの年頃だからこそ気になってしまったり、許せるはずのことが何故か許せなかったり、他愛もない会話がとても楽しかったり。とても繊細で、でも大人になる前に確かに全員が経験してきたであろう懐かしいあの頃に戻れるような感覚が、きっとあるはずです。

<ご自身が演じるキャラクターについて>
「天然おバカの元気っ子」が、かなたの第一印象です!(笑)ですが、台本をいただいてアフレコが始まると、真面目な一面もちゃんと持っていることに気づきました。何と言うかこう…そりゃあどんなに明るい子でも、時には真剣になったり落ち込むことだってあるよな、みたいな。そんなかなたの気持ちの変化が、彼女自身にはもちろん、周りにいる人へも大きく影響している場面が多々あって、色んな意味でかなたは皆んなにとって心の指針ともなり得る大切な存在なんだと思っています。

小父内涼葉(おぶない すずは)CV.中島由貴
桜城女学園高等部1年。外部生。無表情で無口で超合理的な性格。通学時間短縮のためにパルクールで通学するのでSNSでよく話題になっている。実は手先があまり器用ではなく、割り箸がうまく割れなかったり、スニーカーの靴紐がうまく結べなかったりする。

<「ここを見てほしい!」ポイント>
身体能力は高いけれど、「あれ!?意外とこういうのは苦手なんだ!」とか、感情がなかなか表に出るタイプではないけど、「あ!そんな風に思ってたんだ!」など色んな一面が秘められているので、そこに注目してほしいです!みんなそれぞれ色んなことを喋ったりするので、だれが何の話をしているのかじっくり聴いてもらえたら嬉しいです。

<ご自身が演じるキャラクターについて>
第一印象は、クールで無表情の女の子。どうやってみんなと絡むことになるんだろう…?って思っていました。台本をいただいて物語に触れた時に、こんなにたくさん頭の中で考えてたんだ!こんなにみんなのことが好きなんだ!ということが知れて印象が変わりました!今は、凄く可愛くてギャップも多くて素敵だなぁって思っています!

杏那・アヴェイロ CV.武田羅梨沙多胡
御前嘴(おまえばし)高校1年。ブラジル生まれのブラジル育ち、母は日本人。ムードメーカーで自己主張がはっきりしており、思ったことをためらいなく口に出す。護身術で習ったカポエイラが得意で音楽が大好き。

<「ここを見てほしい!」ポイント>
現場で制作途中の動画を少しだけ観せていただいたのですが、本当に絵が素敵で感動しました。さすがP.A.WORKSさんと言うほかなく、私自身も一人の視聴者として放送を楽しみにしています。アニメーターさんが描き出す絵のお芝居と、私たち声優の声のお芝居、2つのお芝居の相乗効果を楽しんでいただけたら嬉しいです。

<ご自身が演じるキャラクターについて>
オーディションの時は「嬉しい」「楽しい」のような、ポジティブな感情に全力な女の子だと思っていたのですが、いざアフレコが始まってみると「喜」「怒」「哀」「楽」も、ポジティブもネガティブも、全ての感情に全力な女の子でした。感じたことを感じたままに言う、裸の心の女の子だと思います。

大谷穏花(おおたに のどか)CV.石見舞菜香
御前嘴(おまえばし)高校1年。ヨガとインドと哲学が好き。大きく心が動かされるのが苦手で平穏無事がモットーだが、幼馴染の杏那にいつも振り回されている。妄想が癖でふとしたことがきっかけでボリウッド顔負けの取り留めのない誇大妄想を繰り広げてしまう。

<「ここを見てほしい!」ポイント>
会話がとにかく多くて、キャラクターのセリフの裏で別の会話が繰り広げられていたり、色んな掛け合いが見られるのはこの作品の魅力なのではないかな、と思います!
キャラクターの性格も、ギャップを感じる1面が必ずあったりするので、ぜひ楽しんでいただきたいです!

<ご自身が演じるキャラクターについて>
穏やかで、しっかり者で、杏那ちゃんに振り回される立ち位置のキャラクターなのかな、と思っていました。
1番人間くさいのではないかと思えるほど親近感を感じる女の子でした。1番第一印象とのギャップがあるキャラクターかもしれません(笑)とっても人間味があって、見ていて安心するキャラクターです。

谷崎詩音(たにざき しおん)CV.佳原萌枝
桜城女学園高等部1年。内部生。総合病院の次期院長の父と、元モデルの母を持つ箱入りお嬢様。高身長で新体操選手として活躍しており、巷では「沼田の妖精」と呼ばれている。真面目かつ謙虚で勤勉、その上優しい性格は校内に熱心なファンを作り出している模様。

<「ここを見てほしい!」ポイント>
楽しい時の会話のテンポ感が、リアルな女子高生の集まりという感じでワチャワチャ可愛くて好きなので、皆さまにも楽しんでもらいたいです。
チアのシーンは、髪の揺れやポンポンの音など、そこにキャラクターが存在していて、見た人が本当に元気になれるようなステキなアニメーションになっているので、ぜひ注目していただきたいです!!

<ご自身が演じるキャラクターについて>
第一印象としては、立ち絵からでも伝わってくる上品さみたいなものに、勝手にプレッシャーを感じていました。私はこの品の良さを出せるのか…?と(笑)見た目から大人っぽいなぁという印象で始まりましたが、アフレコが進みPoMPoMsの皆と掛け合いをする中で、意外とお茶目なところや落ち着いて周りを気にかける優しさが見えてきて、気付けば上品さへのプレッシャーは消え、どんどん好きになっていきました。

海音寺恵深(かいおんじ めぐみ)CV.伊藤美来
沼田のお寺、舒倫寺の娘。中学時代はチア部の部長だったが大会中に病気で入院することに。今はリハビリしながら自宅療養している。かなたとの約束の為、鷹ノ咲高校への編入を目指して勉強も怠らない努力家。責任感も強く、面倒見もいいけれど、かなたをからかう一面も。練習メニューや演目を考えるのが得意。

<「ここを見てほしい!」ポイント>
キャラクター達の成長物語です。今は未熟ながらも精一杯に生きて、それぞれが自分自身と戦っている様子を見るととても勇気づけられますし、視聴者の方もこんな気持ちあったなと思い返したり、今戦ってる方は彼女たちに共感してもらえるのではと思います。また、チアのシーンにもこだわって掛け声などを収録しているので、私も完成が楽しみです。

<ご自身が演じるキャラクターについて>
恵深はとても大人っぽい面を持ったキャラクターだと思いました。一歩引いて、俯瞰的に物事を見ることができる。お姉ちゃん的ポジションかなと。しかし、みんなと一緒の空間にいるとき、かなたと喋ってる時は年相応の笑顔をしていて可愛らしいので、是非注目して見てもらえたら嬉しいです。

3月17日(日)群馬県・高崎電気館にて先行上映会決定

舞台となる群馬県内での先行上映会が決定した。詳細と観覧情報は2月に発表を予定している。

日程:2024年3月17日(日)昼予定
場所:高崎電気館
住所:群馬県高崎市柳川町31
内容:本編の先行上映、一部キャスト登壇のトークショー(予定)

「菜なれ花なれ」作品情報

「応援したいって気持ち…どこから湧いてくるんだろう?」
チアリーディング全国大会連覇を目指す名門、鷹ノ咲高校。1年生ながらにAチームを勝ちとった全中大会優勝経験者、美空かなたは大会中のミスがきっかけで飛べなくなってしまう。
そんなある日、かなたの目に飛び込んできたのは、電車と並んでビルからビルへと飛び移るパルクール女子高生、小父内涼葉だった。
かなたと涼葉に新体操お嬢様・詩音。ブラジルからの帰国子女・杏那。杏那のクラスメイト、ヨガ哲学女子・穏花。そしてかなたの元チームメイト、車いす女子の恵深。
趣味も特技も性格もバラバラなメンバーが歌ったり、ぶつかったり、スタンツしたり、妄想したり…。
応援したいって純粋な気持ちが揃う時、PoMPoMs(ポンポンズ)の応援はチアリーディングの枠を超えて人の心に伝わっていく。群馬の女子高生6人の応援が、世界をちょっとだけ変える…のかも?

【アニメーション制作】P.A.WORKS
【原作】なれなれプロジェクト

©なれなれプロジェクト/菜なれ花なれ製作委員会