『僕のヒーローアカデミア』4作目となる劇場版最新作の制作が決定


アイキャッチ画像

人気コミック『僕のヒーローアカデミア』(集英社・堀越耕平 作)について、TVアニメ第7期の制作に続きこの度、新たに劇場版第4作目となる『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE』最新作の製作が決定した。

「ヒロアカ」シリーズの劇場版としては、これまで2018年公開の『2人の英雄(ヒーロー)』、2019年公開の『ヒーローズ:ライジング』、2021年公開の『ワールド ヒーローズ ミッション』と、3作品が公開されてきた。それぞれ国内外で大ヒットを記録し、直近の『ワールド ヒーローズ ミッション』は観客動員数約240万人超・興行収入34億円を突破を記録した。

発表になった本作はこれまでの3作と同様に完全オリジナルストーリーにて、原作者の堀越耕平先生が総監修・キャラクター原案を務める。場版最新作の制作決定を受けて、堀越先生は「ヒロアカ四作目の映画です!こんなにも長く応援していただけるなんて連載開始当時は想像だにしていませんでした!」と喜びと驚きをあらわに。そしてファン・読者に向けて、「映画四本って、ほんとびっくりしちゃいますね。子どもの頃、毎年のように上映されていたドラゴンボール映画を思い出します。観るのが本当に楽しみでした。僕が漫画映画から与えられてきた興奮と感動を、世界中の少年少女たち誰か一人にでも還元できれば幸いです!」と熱いメッセージを贈っていた。

さらに、映画の内容については「今回もこれまでのように、テレビアニメで放送された時系列に沿った内容になります。アニメでもようやく無事崩壊した社会が、今回の舞台になります。」とコメント。最後に「牛歩ながら気付きと成長を重ねたデクたちは、何と戦い、何を守る事になるのか!お楽しみに!」と締めくくっていた。詳細は後日公開予定。

©堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

著者 編集部アニメ情報班