「TVアニメ『NARUTO-ナルト-』20周年記念NARUTO THE GALLERY」にて5名のアニメーション作家とのコラボが決定!

「TVアニメ『NARUTO-ナルト-』20周年記念NARUTO THE GALLERY」にて5名のアニメーション作家とのコラボが決定!

「TVアニメ『NARUTO-ナルト-』20周年記念NARUTO THE GALLERY」にて5名のアニメーション作家とのコラボが決定!

NARUTO THE GALLERY実行委員会は、2022年12月10日(土)から2023年1月31日(火)まで秋葉原UDX内のAKIBA_SQUAREで開催される「アニメ『NARUTO-ナルト-』20周年記念 NARUTO THE GALLERY」で、5名のアニメーション作家とコラボレーションすることを発表した。

【以下、発表情報を掲載しています】


アニメ『NARUTO-ナルト-』20周年記念 NARUTO THE GALLERY

20年の歴史を持つアニメ『NARUTO-ナルト-』の象徴的なシーンが、藍にいな、門脇康平、que、杉本晃佑、森江康太、5名の新進気鋭のアニメーション作家とコラボレーションすることで、これまでにない新しいナルトの世界観を表現します。本ギャラリーでしか見ることが出来ない、独自の表現でアレンジされた特別な映像を是非、会場でご覧ください。

また、入場特典として描き下ろしビジュアルを使用したオリジナルの「ゲマキ風カード」の配布が決定!
イベント限定のグッズラインナップ第1弾も発表しました。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

■コラボアニメーション作家 コメント ※五十音順
●藍にいな/担当エピソード:「サスケの道」
藍にいな
【コメント】幼い頃から見てきた作品「NARUTO」を自分の手で描けるとは、夢にも思っていませんでした。昔から親しんできたキャラクターを自分で動かしていくのは、少し不思議で、新鮮で、ドキドキする作業です。私なりではありますが、改めて描き出したサスケと大蛇丸の戦い、ぜひ楽しんでください。

【プロフィール】
アニメーション表現を軸にイラストや漫画、デザインプロデュースなど幅広く活動するアーティスト。独自の色彩感覚とタッチで情感豊かに世界を描き出す。
代表作:YOASOBI「夜に駆ける」MV、山下達郎「さよなら夏の日」MV、マカロニえんぴつ「好きだった (はずだった)」MVなど

●門脇康平/担当エピソード:「ナルトの道」
門脇康平
【コメント】小学生の頃、お小遣いのほとんどをナルトの単行本に費やしていました。また、テレビ放送も当時毎週の最大の楽しみでした。私がナルトから得た影響は計り知れません。こんな光栄な企画に参加させて頂けて心から感謝致します。最大限に拘りを詰め込みましたので、是非細部まで目を凝らして楽しんで頂けたら幸いです。

【プロフィール】
アニメーション作家。東京藝術大学デザイン学科卒業後、アニメ制作会社に就職する。その後独立し、主に舞台映像やCM映像、プロダクトPVのディレクション等を経てアニメーション作家になる。実写素材や立体のマテリアルをアニメーションに融合させる独特の映像スタイルによって重厚感のある作品を作り上げる。長編アニメ映画制作中。

●que/担当エピソード:「波の国」
que
【コメント】
20周年おめでとうございます。関わることができて光栄です。今回の動画制作のために原作やアニメを勉強して、キャラクターの絵の練習を経て、なんとか自分なりに過酷な宿命に翻弄されるキャラクター達の感情や魅力を動きで表現しようと試みています。楽しんでいただけたら幸いです。

【プロフィール】
アニメーション作家。スカート、ポップしなないで、花譜×長谷川白紙、Justin Bieber、WASABI、THE RAMPAGEなどミュージシャンの他、ソニー、ILEMERなどからの依頼において主にアニメーションを担当する。

●杉本晃佑/担当エピソード:「サスケ奪還」
杉本晃佑
【コメント】
以前海外で仕事をしていた頃、一緒に働いていた同世代の映像関係者やその子供たち、誰にでも通用する話題がNARUTOでした。これまでも既に様々な方々がこの作品に多彩な映像アプローチをされていますが、そこにまた何か新しい側面を加えることが出来れば幸いです。

【プロフィール】
映像作家。1983年生まれ。アニメーション・実写・3DCG・モーショングラフィックスを組み合わせた映像構成と音楽とを緻密に融合させた作品を得意とし、LiSA、GReeeeN、AimerのMVなどを手掛ける。

●森江康太/担当エピソード:「ナルトとクラマ」

森江康太
【コメント】
学生の頃からずっと読んでいたこの作品の、20周年という記念すべき節目に参加させて頂き大変光栄です。自分なりのNARUTOを詰め込んだ映像にしてみました。是非楽しんでください。

【プロフィール】
2016年に自身が代表を務めるMORIE Inc.を立ち上げる。
現在は映像作家、監督、CGアニメーターなど活動分野は多岐にわたる。
ヨルシカ MV『左右盲』『春泥棒』『ノーチラス』、GReeeeN MV『星影のエール』などを手掛ける。

■入場特典はオリジナルの「ゲマキ風カード」!
入場者特典は「NARUTO THE GALLERY」描き下ろしビジュアルを使用した「ゲマキ風カード」に決定!


ゲマキ風カード

※会場にご来場の皆様おひとり様1枚ずつ、ランダムにお渡し致します。
※絵柄はお選びいただけませんので、予めご了承ください。
※画像はイメージです。実際の物とは異なる場合がございます。

■イベント限定!グッズラインナップを続々と公開!
イベント会場にてオリジナルグッズの販売を行います。
グッズラインナップは続々と追加いたしますので、続報をお待ちください!


グッズラインナップ

●ランダム缶バッジ(全20種) 各500円
●BIG Tシャツ 3,800円
●ロゴキーホルダー 1,200円
●クリアファイル 500円
●チョコクランチ 1,800円
●オリジナルベビースターラーメン 650円
●ランダムミニ色紙(全20種) 各700円
●ハンドタオル(全4種) 各1,100円
●風呂敷(全2種) 各1,600円
●豆皿セット 2,500円
●桐箱入り 箸置き・箸セット(全2種) 各4,900円
●湯呑 1,500円
●ステンレスタンンブラー 2,500円
●ボールペン(全4種) 各500円
●額装アート シリアルナンバー付 15,000円 ※受注生産
●起爆粘土 シリコン型 2,000円

※価格は全て税込です。
※画像はイメージです。実物と異なる場合がございますのでご了承ください。

■「アニメ『NARUTO-ナルト-』20周年記念 NARUTO THE GALLERY」
本ギャラリーは、アニメ『NARUTO-ナルト-』の放送開始20周年を記念したもので、2015年に開催された「NARUTO-ナルト-展」以来、約7年ぶりとなる展示イベントです。キャラクターの成長、仲間との絆、そして熱い“戦い”にフィーチャーし、たくさんのアニメ映像で、アニメ『NARUTO-ナルト-』の歴史を振り返ります。大型スクリーンによる迫力の映像や多面モニターによる演出、そして、今話題のアニメーション作家とコラボレーションした、特別な作品の上映も予定しています。


会場の様子(木ノ葉隠れの里)

会場の様子(シアター)

【開催概要】
タイトル : アニメ『NARUTO-ナルト-』20周年記念 NARUTO THE GALLERY
会期 : 2022年12月10日(土)~2023年1月31日(火)
10:00~20:00(最終入場19:30)
会場 : AKIBA_SQUARE(秋葉原UDX内)
入場券 : 販売期間:2022年9月6日(火)18:00~2023年1月31日(火)18:30
料金 : 中学生以上2,400円(税込)、小学生1,300円(税込)
※未就学児無料
主催 : NARUTO THE GALLERY実行委員会
公式サイト :
公式Twitter : @naruto_20th

■『NARUTO-ナルト-』とは
「週刊少年ジャンプ」誌上にて、1999年から2014年まで連載された『NARUTO-ナルト-』。
主人公の忍者うずまきナルトが、ライバルとの死闘や過去の因縁を乗り越えて、木ノ葉隠れの里の長・火影(ほかげ)を目指す「ジャンプ漫画」王道作品として、老若男女から絶大なる人気を誇る!

コミックスは72巻まで刊行し、国内累計発行部数は1億5,300万部以上。その人気は国内にとどまらず海外46以上の国と地域で流通し、海外累計発行部数は9,700万部以上の世界的作品。

2002年からテレビ東京系列にてアニメも放送開始。2007年からは『NARUTO-ナルト- 疾風伝』として2017年3月まで放送し、今年の10月にはテレビ放送20周年を迎える。劇場版アニメも11作を公開!アニメは日本での放送直後から全世界で配信されるなど、世界中から愛されている作品である。

アプリ、ゲーム、グッズなどの数々の展開のほか、展覧会や2.5次元ミュージカル、音楽フェス、歌舞伎などその展開は多岐にわたる。

(C)NARUTO THE GALLERY実行委員会

発表日時:2022年11月07日 18:00
ニュース提供: NARUTO THE GALLERY実行委員会
https://www.atpress.ne.jp/news/333874
※情報提供: @Press
           

アニメカテゴリの最新記事